株式会社と合同会社

株式会社とは

株式会社は、株式の発行を通して資金を調達し、株主から委任を受けた経営者が事業を行なう企業形態です。
制度上は出資者(株主)と経営者を区別していることが大きな特徴で、経営者が儲けた利益を出資者に分配するという仕組みで成り立っています。 

合同会社とは

合同会社(LLC)は、出資者全員が間接有限責任社員によって構成される会社形態です。
出資者である代表社員が責任を持ち事業を経営する仕組みとなっています。 

株式会社と合同会社

株式会社と合同会社の一番の違いは、出資者と経営を区別するかしないかという点ですが、日本においては株式会社の出資者が経営者を兼ねるということが多くあるため、大きな差異はないのが現状となっています。
しかしながら、設立にあたる費用や提出書類といった手続きの面や、会社の運営面でのメリット・デメリットが異なるため、その会社で運営する事業内容に応じてより適切な方を選択することが大切です。 

株式会社のメリットとデメリット

株式会社の一番のメリットとしては、「株式会社」という仕組みそのものの認知度が高く、特に法人同士での取引において、信頼されやすいという点があげられます。
一方で、株式会社の設立には一般的に20~25万円と、他の会社形態に比べて設立に多く費用がかかることがデメリットとしてあげられます。 

合同会社のメリットとデメリット

合同会社のメリットとして設立費用の安さがあげられます。10万円程度で設立することができます。また、定款の認証の必要がないといった手続き面での容易さもあげられます。
合同会社のデメリットとしては、知名度や経営のスピード感といったものが、株式会社ほど高くないという点があげられます。 

どちらの方が適切か?

日本においては、[会社=株式会社]という認識が強くあり、信用が重視される法人間での取引を必要とされる企業にとっては、株式会社として設立した方が良い場合が多々ありますが、

  • 個人顧客向けである(飲食業・美容・介護業など)
  • 節税対策を目的としている(投資業・不動産賃貸業など)
  • 身内取引など、取引先が限定的である(ITサービス業・コンサルタント業)

といったケースでは、合同会社で安く・手早く設立することが良い場合もあります。
「合同会社では融資を受けられないのではないか」といった不安の声を聞くこともありますが、企業が株式会社であるか合同会社であるかといったことが金融機関の融資審査に影響を与えることはありません。

  株式会社 合同会社
設立費用 202,000円~ 60,000円~
信用力・知名度
融資
節税対策
定款作成 必要 必要
定款の認証 必要 不要
決算公告義務 必要 不要
役員の任期 2年~10年 無期限
役員配当金 出資割合に応じて分配 自由に設定できる

まずはご相談下さい!

株式会社、合同会社どちらが適切であるかは、事業の規模や種類によって様々ですので、専門家による適切な診断が必要です。
当事務所では、株式会社・合同会社設立に関するノウハウが蓄積されていますので、まずはお気軽にご相談ください。


会社設立の無料相談のご予約はこちらから 無料相談受付中! 0120-308-608 受付:平日 9:00〜20:00 土日祝日・夜間20時まで! お気軽にお問い合わせください! メールでのお問い合わせ
0円!会社設立サポート 会社設立手数料が0円! 助成金 資金調達 会計・税務 もサポート! 設立費用を少しでも抑えたい方おすすめ!
驚きの低価格で会計・経理記帳を代行します! 記帳代行月額費用 1,000円〜 お見積り・ご相談はこちら 0120-308-608 受付:平日9:00〜20:00 土日祝日・夜間20時まで!
20時まで土日もOK! お仕事でお忙しい方のためにナイター相談予約受付中! ※土日祝、夜間の無料相談は事前予約をお願いします お申込みはこちら
PAGE TOP