小規模事業者持続化補助金

注:申請期限は、平成29年1月27日(金)までです!お急ぎください!

このようなお悩みをお持ちではないですか?

  1. 補助金を受給したいけど、どうしたらいいのかわからない
  2. うちの会社は補助金を受け取れるの?
  3. 申請書や事業計画書の作り方が分からない
  4. 新しい設備を導入するための補助金が知りたい

上記のようなお悩みをお持ちの経営者様やご担当者様に当センターでは下記のようなサービスをご提供させて頂いております。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするため、小規模事業者が商工会・商工会議所などの支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等の経費の一部を国が補助する制度です。

【概要】

対象者 全国の小規模事業者
補助率 補助対象経費の3分の2以内
補助上限額 50万円
100万円(賃上げ、雇用対策、海外展開、買物弱者対策)
500万円(複数の事業者が連携した共同事業)

補助対象者

小規模事業者[商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律(平成5年法律第51号)第2条を準用]

卸売業・小売業 常時使用する従業員の数  5人以下
サービス業(宿泊業・娯楽業以外) 常時使用する従業員の数  5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他 常時使用する従業員の数 20人以下

補助対象経費

1.機械装置等費
 ・新商品を陳列するための棚の購入

 

2.広報費
 ・新たな販促用チラシの作成、
 ・新たな販促用PR
(マスコミ媒体での広告、ウェブサイトでの広告) 
 ・新たな販促品の調達、配布
 ・ネット販売システムの構築、 
 
3.展示会等出展費
 ・国内外の展示会、見本市への出展、
 ・商談会への参加
  
4.旅費
 ・新たな販促品の調達、配布

 

5.開発費
 ・新商品の開発
 ・商品パッケージ(包装)のデザイン改良
  (製作する場合、事業期間中にサンプルとして
  使用した量に限ります。)
6.資料購入費
 ・新商品の開発にあたって必要な図書の購入

 

7.雑役務費

8.借料
 ・国内外での商品PRイベント会場借上
 
9.専門家謝金
 ・ブランディングの専門家から新商品開発に向けた
  指導、助言
 
10.専門家旅費
 ・
ブランディングの専門家の交通費など

 

11.車両購入費 (買物弱者対策事業の場合のみ)
 ・移動販売、出張販売に必要な車両の購入
 
12.委託費
 ・新商品開発に伴う成分分析の依頼
 
13.外注費
 ・店舗改装(小売店の陳列レイアウト改良、飲食店の店舗改修を含む。) 
 

手続きの期限

① 日本商工会議所(補助金事務局)への申請 平成29年1月27日(金)
② 採択結果公表 平成29年3月中旬頃予定
③ 補助事業実施機関  交付決定通知書受領後から
平成29年12月31日(日)まで

サポート料金

新規の方

成功報酬/獲得額の15%

顧問先の方

成功報酬/獲得額の10%

会社設立の無料相談のご予約はこちらから 無料相談受付中! 0120-308-608 受付:平日 9:00〜20:00 土日祝日・夜間20時まで! お気軽にお問い合わせください! メールでのお問い合わせ
0円!会社設立サポート 会社設立手数料が0円! 助成金 資金調達 会計・税務 もサポート! 設立費用を少しでも抑えたい方おすすめ!
驚きの低価格で会計・経理記帳を代行します! 記帳代行月額費用 1,000円〜 お見積り・ご相談はこちら 0120-308-608 受付:平日9:00〜20:00 土日祝日・夜間20時まで!
20時まで土日もOK! お仕事でお忙しい方のためにナイター相談予約受付中! ※土日祝、夜間の無料相談は事前予約をお願いします お申込みはこちら
PAGE TOP