合同会社設立を検討されている方へ(その2)

前回に引き続き、合同会社についてです。

合同会社にする場合のメリットについて考えてみましょう。

合同会社のメリット

①  設立費用が安い
②  役員の改選が不要
③  決算公告が不要

 
費用面での安さ・手続き面での簡便さがあります。
 
ご自身で設立される場合の設立費用は、株式会社の場合242,000円かかりますが、合同会社の場合は100,000円となり、142,000円安くなります。
前回の金利の話でもそうですが、売上高営業利益率5%の会社であれば、92,000円節約できれば、売上高の284万円に相当します。創業間もない会社にとっての284万円の売上高は、とても大きいものです。

株式会社にすると、役員の当期が1年から10年ごとに必要ですが、合同会社の場合、役員の改選が不要です。また、決算公告も不要です。
 
合同会社という設立形態も認知され始めておりますが、社会的認知度ではまだまだ株式会社には及びません。
 
どのような場面で、不利になるのでしょうか。
今回も長くなってきたので、次回にしたいと思います。

 

100万円の支払利息を減らすことは、
売上高に換算すると2千万円になることをご存知ですか?


会社設立の無料相談のご予約はこちらから 無料相談受付中! 0120-308-608 受付:平日 9:00〜20:00 土日祝日・夜間20時まで! お気軽にお問い合わせください! メールでのお問い合わせ
0円!会社設立サポート 会社設立手数料が0円! 助成金 資金調達 会計・税務 もサポート! 設立費用を少しでも抑えたい方おすすめ!
驚きの低価格で会計・経理記帳を代行します! 記帳代行月額費用 1,000円〜 お見積り・ご相談はこちら 0120-308-608 受付:平日9:00〜20:00 土日祝日・夜間20時まで!
20時まで土日もOK! お仕事でお忙しい方のためにナイター相談予約受付中! ※土日祝、夜間の無料相談は事前予約をお願いします お申込みはこちら
PAGE TOP